| Home | Research | Members | Achievements | Links | Contact |

Research

  • Recent topics

Members

Achievements

Contact

Members only

     
  RMW12@MIT参加者の皆さんと  
     

What's New

  • 2017年5月13日 北見工業大学の平井博士,国立台湾大学のChen博士らとともに,非フェルミ流体といった特殊な電子系に属するパイロクロア型酸化物が酸素発生反応に対して高い活性を示すことを明らかにしました.また本成果の詳細を示した論文がAdv. Sci.誌に受理されました.

  • 2017年3月8日 持続型・エネルギー統合材料研究センターの客員教授として着任されたGeorges J. Kipouros先生が,2016年5月末まで八木研に滞在されます.

  • 2017年3月4日 RMW(Reactive Metal Workshop)12@MITにOrganizerとして参加しました.RMWは岡部徹教授がMITのSadoway教授とともに始められた国際的なワークショップであり,本年度は八木とMITのAllanore准教授がOrganizerに加わりました.
  • 2016年11月25日 酸素発生反応・酸素還元反応の両方に高い活性を有するマンガン酸化物触媒について報告した論文がAdv. Mater.誌にオンライン掲載されました.酸素の電気化学反応を利用した新しいエネルギーデバイスの開発を視野に入れ,研究を進めています.大阪府立大学の山田幾也博士,池野豪一博士らの研究グループとの共同研究の成果です.
  • 2016年11月18日 三菱マテリアル株式会社 中央研究所にて八木准教授が講演「無機材料の液相合成プロセス設計」を行いました.
  • 2016年8月29日 八木研への配属を検討している学生の皆様へを公開しました.
  • 2016年4月19日 HPを開設しました.


東京大学 生産技術研究所 持続型エネルギー・材料統合研究センター 准教授(主任研究者)。専門は材料電気化学、熱力学、表面処理。現在は主に多価カチオンをキャリアとする蓄電池用材料や電気化学触媒の研究を進めております。

Google Scholar

Thermodynamics - Physical Chemistry of Aqueous Systems

Chapter 9を執筆。(フリーでダウンロードできます。)

     
▲PAGE TOP